うつ病になったら治療を受けて|治療には投薬とカウンセリング

発症に気が付きにくい

ハート

自己判断は禁物

うつ病はいつなったのかに気が付けないところが特徴です。おかしいなと感じたとしても断定が出来ないのです。医師の診断を受けて初めて分かるのです。治療を始めてからでも様々な症状が表れます。ただ気分がすぐれないとかやる気が出ないというのは初期症状と言えるでしょう。起きようとしても起きられないだとか、激しい頭痛に見舞われるなどその症状は多岐に渡ります。うつ病の治療は根本的なところから始めて、それにより症状が消えていきます。初期症状にもいろいろありますので最初から精神科や心療内科に行けるとは限りません。内科的症状が出れば当然内科に行くことになります。内科で精神的な原因だと判断されて初めて心療内科や精神科を訪れる例は少なくありません。医師でさえ原因の究明は難しい事すらあります。何か異変を感じたら出来るだけその症状を確認しておきましょう。そうすることでうつであることが早くわかる可能性が高くなるからです。通常最初から精神科へ行くというのには抵抗があって、他の病気のせいにしたがる傾向があります。自己判断は危険なので、判断する前に把握しましょう。うつ病の治療には投薬とカウンセリングがあります。患者さんの症状や原因によってどちらの治療法が適切か決まります。併用する場合もよくあります。カウンセリングは必ずしも医師がする訳ではありません。医師ではない場合には薬処方は出来ませんので覚えておいたほうがいいでしょう。投薬治療では通常抗うつ剤と安定剤が処方されます。その種類は非常に多くどれを使うかは医師の判断になります。薬にはそれぞれ特徴があるからです。たいていの場合副作用が少ない物から始めて様子を見て行きます。即効性のものではないので、効き目が表れるまで時間がかかることも知っておいた方がいいかもしれません。カウンセリングに関しては、うつ病になった原因をカウンセラーと患者さんとのコミュニケーションにより特定していくものです。何かの悩みが原因と分かればその原因を解決する方策を考えるというようなプロセスです。併用する場合は薬で症状を抑えながら原因を解明していくという事です。いずれにしても時間がかかる事を覚悟しないといけません。

男性

効果的な精神病の治し方

うつの問題は脳内部の神経伝達物質によって起こるため、その問題を抑えられる薬を使えば不安定な状態を治せます。治療では薬を使った方法が効果が高いですが、根本的な原因を解決するためにはカウンセリングも必要です。

女性

こころの病と向き合う

うつに罹ってしまった場合は、早期治癒や再発防止のためにも自分で治そうとせず、専門医の適切な治療を受ける事が大切です。治療費の相場は1回3千円?6千円と言われており、長期的に考えれば高額になる事もあります。

カウンセリング

回復へ向けた一歩

うつの治療法は、休養と服薬と精神療法という3本柱となります。患者が回復へ向けた一歩を踏み出すことが大事ですが、それを支援する主治医を信頼できることも重要視すべきです。もちろん、病院選びも要点になります。

看護師

心の病気の解決策

現在、日本では多くの方がうつ病の治療を行っており、年々患者数が増加している傾向があります。普通に生活されている方でも、急に発症してしまう可能性が高いので、事前にうつ病に関する知識を付けておくようにしましょう。

医者

電話予約が必須の場合も

初診は電話予約が必須となる病院もあるため、うつ病の治療を希望するなら、電話で予約を入れておきましょう。そして、初診の時はカルテを作りますので、当日は予約時間よりもある程度早めに病院へ到着するようにします。